コーチングのメリットとデメリットについて

コーチングのメリットとデメリットについて

コーチングとは、人材開発の1つです。

対話によって相手の目標達成や自己実現を目指す技術ですが、単純に相手にアドバイスをするわけではありません。

話をよく聞き、どうすれば目標達成できるのか、相手の自発的な行動を促し、より成長させるためのコミュニケーションです。

本節では、コーチングにどのようなメリット・デメリットがあるのか、深掘りしていきたいと思います。

SPEAK OUT スピークアウトHP

コーチングのメリットについて

コーチングのメリットは、大きく分けて2つあります。

まず1つ目は、何をすべきか明確になる、ということです。

仕事なり、副業なり、英会話なり、何かしら叶えたい目標がある時、どう行動するのが最適なのか、具体的なアクションプランが思い浮かぶ人は少ないと思います。

もちろん、それらの答えは人によって異なりますが、だからこそ「自分の中に答えがある」ということを前提に、コーチングでは気づかせることを重視しています。

対話の中で質問を投げかけ、何が問題なのか、自分はどうしたいのか、どうすれば解決できるのか。

これを繰り返していくことで、取るべき行動を自分から見出せるようになるのです。

2つ目は、本人が気づかない潜在能力、可能性に気付けるということです。

自分では当たり前と思っていることでも、他者から見たら、それは長所だったということもよくある話ですよね

コーチングでは柔軟な発想が出るように、とにかく話に耳を傾けて、肯定と承認を相手に与えます。

「〜してみたい」「〜を作ってみたい」と、これまで気づかなかった自分の本当の望みや、新たな可能性に気付けるようになります。

コーチングのデメリットについて

効果が大きいコーチングにも、2つほどのデメリットがあります。

1つ目は、大人数に実施できないことです。

コーチングの効果は、個人と関係性を深めながら信頼を気づくことが重要になります。

基本的に一対一のコミュニケーションが必須なので、時間が取られる大人数の場合は、本来の効力を発揮できません。

2つ目は、現状に満足している人には効果がないことです。

コーチングの効果は、「〜してみたい」という欲求を原動力にするので、現状を変える必要がない人にとっては、意味のないものになります。

しかし現状の満足度は、コーチングの対話において確認できることもあるので、最初から不要なものと決めつけるのは早計かもしれません。

現状に満足していても、コーチングによって新たな目標が見つかることもあるので、どんな状況の人でも1度は実施してみることをお勧めします!

SPEAK OUT スピークアウトHP
TOPページを見る