英語に投資しよう!

英語に投資しよう!

コーチング英会話は他の英会話スクールと比較して、受講料金がネックになる人も多いようです。

そこで受講料金のことで躊躇している方に向けて、英語スキルはもっともコスパの良い投資だという話をお伝えしたいと思います!

英語ができる人は年収も高い傾向になる

Yahooニュースの調査によれば、英語力の高さと年収の高さは比例関係にあるという、非常に興味深い結果が報告されました。

英語が流暢に話せる人の約6割が年収1000万以上であるのに対し、英語がほとんどできない初歩レベルの人は、年収1000万円以上のうち1割程度しかいなかったようです。

つまり英語ができる人はそれほど市場価値が高まり、経済のグローバル化が進む今後においてもその傾向は強くみられるでしょう!

英語力は市場価値を高める

義務教育期間に勉強してきた英語であっても、社会に出てみれば、まともに覚えている人は少ないです。

TOEICスコアで考えてもても、600点以上(センター試験7割程度のレベル)の人は3〜4人に一人しかいないのです。

つまり英語が少しできるだけでも、上位30%前後の人材になることができ、それだけ市場価値が高まります。

また実際に、英語ができる人材を求めている大企業は多いです。

経済のグローバル化が進む社会においては、常に英語話者が不足しており、英語力は転職時においても武器になることでしょう。

実際、国内の上場企業の75%が英語を扱う部署や事業を展開しており、採用の基準や昇進資格に一定のTOEICスコアが必要になることも珍しくありません。

言い換えれば、英語スコアがなければ転職が難儀したり出世が頭打ちになるので、会社から求められる人材になろうと思えば、やはり英語は必須ということになりますね。

初期投資が高いほど…?

お金に絡んだ話として、最後に初期投資と原動力の関係氏について述べたいと思います。

SPEAKOUT(スピークアウト)では、上達が感じられなければ受講料金を全額返金する保証制度があるので、損をするリスクは極めて小さいです。

しかしこの「損をするかもしれない」というある種のもったいない精神は、時に大きな原動力になりますよね。

せっかく大金を払ったのだから最後までやらなくちゃ、といった気持ちは、誰でも持っていることでしょう。

「絶対に最後までやり遂げるぞ」

この覚悟を示すためのデポジットだと割り切れば、案外躊躇なく最初の一歩を踏み出せるかもしれませんね。

TOPページを見る