なぜ英会話で挫折してしまうの?

なぜ英会話で挫折してしまうの?

英会話で挫折しないためにも、挫折するそのメカニズムを知っておくことは重要です。

(いやいや自分は挫折しないよ!)

自分に自信を持つことは大事ですが、過信は禁物です。

英会話に通う人は、最初は誰しもモチベーション高く入会していますが、ほとんどが目標を達成できずに諦めてしまうのです。

挫折する人と、そうでない人、その差は一体どのようなものでしょうか。

英語を話す目的が弱い

「英語が話せるようになったら、世界一周旅行して、世界中に友達を作りたい!」

こんなふうに、英語を学ぶ目的をハッキリと持っている人は挫折にも強いです。

モチベーションや動機は、諦めないマインドを作る屋台骨になりますからね。

一方で明確な目標がなく、ただ言われるがままに学ぶ人は、ちょっとしたつまずきで脱落してしまいます。

会社から指示されて、嫌々ながら学ぶ人がいますが、それだと自分のためになりません。

少しでも挫折のリスクを下げるために、多少強引にでも学ぶ目的を定義しておきましょう。

学ぶレベルや教材が適切ではない

カリキュラムのレベルや、用いる教材が、自分に合っていなければ、学習が楽しくなるはずもありません。

成長が感じられるからこそ学ぶ楽しさを知り、辛くても継続できるようになるモチベーションが生まれるのです。

RPGなどのゲームに例えてみれば分かりますが、レベルに見合った敵キャラが出てくるからこそ、面白いんですよね。

ストーリー序盤から、到底敵わない敵キャラを配置されたとしても、話がそこから進まなければ、すぐにやる気を失うでしょう。

つまり順調にステップアップするためにも、自分やカリキュラムのレベルの把握は、とても重要なんですね。

レッスンを受けるだけで満足する

レッスンを受けるだけで満足していませんか?

英語学習に慣れて、マンネリ化するのも挫折の要因になります。

「一応レッスンを受けた」という実績は、自分にとって満足感をもたらしますが、意欲やモチベーションが伴わない学習は、ただの単純作業です。

予習や復習だけでなく、新しいフレーズを覚えたいという意欲が持てなくなれば、成長が止まってしまい、惰性から挫折まではあっという間でしょう。

そうならないためにもSPEAKOUT(スピークアウト)では、新たにフレーズを話す機会であったり、学ぶ目的を確認する習慣を設けているのです。

TOPページを見る